引っ越しや遺品の整理、大掃除で不用品がたくさん出てきた場合の対処法

自治体のゴミ収集日に出す

自宅の整理や片付けで、いらない品物が数多く出てくることがあります。 持ち運びができる物であり、対応出来ると明記されていれば、決められた場所にある地域のゴミ収集所に出すと無料で収集してもらえます。 ただし、規定の日付や曜日を守り、該当しているか確認する必要があるでしょう。 品目や出し方に迷う場合は、自治体のサイトのゴミに関するページに、一覧表として記載されていますので、確認するといいでしょう。 プリンター等の小型の電化製品の場合は、本体を埋め立てゴミ、コードを資源ゴミと本体を切り分けて出さなくてはいけない自治体もありますので、不明な場合は、電話で問い合わせるといいでしょう。

大型のゴミの場合は有料になることも

一部の粗大ゴミや埋め立てゴミ等の中には、有料での処理が必要になる物もありますし、回収の予約が必要だったり、自家用車を使って持ち込みしたりする場合がありますので、注意してください。 自治体によっては、粗大ゴミに該当する場合は、専用の電話番号が用意されていることがあります。 また、土曜と祝日の回収は受け付けても、日曜や年末年始は不可とされることもあるので、気をつけてください。 自家用車を使った持ち込みが認められている場合は、数多くの不要品が出た時にまとめて出せるので便利です。 持ち込み手数料以外に、住所がわかる身分証明書の提示が必要になります。 積載している車輌によって、手数料に差が出ることもあります。

回収業者に依頼して処分した方が得な場合がある

地域の営業に対応している回収業者がいる場合、リサイクルショップと提携していることがあります。 不用品の中にまだ使える物や、備品が揃っている物、保存状態が良い物があれば、査定の上、買取が可能な場合があり、処分費用から差し引ける場合があります。 自分で持ち込むのが厳しい場合は、無料で出張買取が可能な業者や、運搬までを引き受けられる業者を選ぶと問題なく対応してもらえます。 土曜や日曜にも対応出来る業者が多いので、平日の在宅が難しい世帯でも安心して任せられるでしょう。


最新の記事一覧

ページ上部へ戻る