記事の詳細

高齢化社会の今、自分の親は一人暮らしをしているという状況は珍しくない事となりました。
高齢者の家は、体力的な面からもどうしても散らかりやすくなってしまいますので、定期的に家の片付けを子供がやりにきているというパターンも多い様です。

家一軒分、または一部屋分だけでも片付けは大変なもので、ついつい不満が口から出てしまう事もあるでしょう。
しかし、親の家の片付けは自分の為でもあるという意識を持つようにすれば、少しは気持ちが楽になりませんか?
掃除は普段中々会えない親と会話し、コミュニケーションを取る良い機会にもなります。
今後自分自身が後悔しない為にも、1人ではなく、親と一緒に掃除をすることを心がけてみてください。

親の体力の事を考えて、まず最初に一緒に要るものと要らないものの判断をしてしまいましょう。
片付けを通して気をつけたいのは、「使ってないなら捨てよう」と言ってしまう事です。
その品はもしかしたら親にとって思いで深い物かもしれませんので、そういった面もコミュニケーションを取りながら、一緒に判断していくのが好ましいですね。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る