記事の詳細

最近話題になっている生前整理は、財産などを受け継ぐ子ども達のためだけに行うのではなく、自分自身のためにもとても大切なことですから、何かを遺すためにも元気に動けるうちに身の回りを整理してしまいましょう。

生前整理により、家族や子どもたちに財産を遺すだけでなく、その人が生きた証や生き様、想いを遺すことができますから、何を遺すべきか家族に何を伝えたいかを考えながら作業していきましょう。

高齢者は年々増加していて、1年間で百数十万人もの人が高齢者として増加しており、社会情勢も日々変化していますので、先祖から繋がっている命を、生まれてくる子孫に対してどう繋げていくのか、どんな想いを伝えるかを改めて考えましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る