記事の詳細

デジタル社会になり、金融危機の情報やインターネットの閲覧履歴、パスワードや家族の写真などが、プライバシーとしてスマホなどの機器に残っていますが、それらは削除しない限り永遠にネットの海に残っているのです。

自分自身にもしもの事があった場合を考えて、誰にも見られたくない情報を信頼できる第三者が削除してくれるよう頼んでおくか、削除してくれる専門の業者に頼んでおくなど、事前に準備することが大切です。

終活として、クラウド上にエンディングノートを残しておくサービスもあり、何が起こるか分からない世の中ですから、家族に迷惑をかけないためにも、ネット上のプライバシーデータの整理をしておき、心に余裕を持ちながら、これからの人生を楽しんで生きましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る