記事の詳細

電子レンジの汚れはこびりつく事が多く、中々掃除するのも大変ですが、とある食材を使えば強い力も要らずにすぐ綺麗にする事が出来るんです。
電子レンジは食べ物を温めるのが主な使い道だと思うので、食材で綺麗に出来れば洗剤を使うよりも安心できますね。

その食材というのは、これからの季節に食べる機会も増えるミカンを始めとした柑橘類です。
この柑橘類の皮を電子レンジで温めてからフキンなどで中の汚れを拭き取ってみると、驚くように簡単に取れていきます。

柑橘類の皮は元々汚れを浮かすリモネンやクエン酸などの成分が含まれていますので、それを電子レンジで温める事で皮の汁が気化され、その気化された汁がレンジの中に充満する事で汚れが浮いて取れやすくなるのです。

リモネンは油汚れに強く、クエン酸は汚れを落とす効果だけでなく、除菌や消臭効果もあります。
更にもう一つ、同じく皮に含まれている成分にペクチンがあるのですが、これ自体には汚れを落とす作用は無いものの、コーティングや艶出しの効果がありますので、掃除をながら艶だしができるのも魅力です。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る